6.08.2015

染谷将太 菊地凛子 夫妻 結婚披露宴 06.06.2015 
写真撮影:冨永昌敬監督
Shota Sometani&Rinko Kikuchi wedding party
Photo : Masanori Tominaga
 
結婚披露宴と銘打って厚かましく自分の写真を載せましたが、もはや携帯カメラなんて簡易的なツールでは捉えきれない素敵な!素敵な新郎新婦!そして!名場 面の数々だったもので、(デジカメに対する嫌味、あるいは、演奏中のピアニストを隠し撮りしてた冨永監督に文句を言ってるわけではありません。)

因にピアノの上に置いてあるコーヒーカップにはコーヒー紛いのギネスが入っている。わけではなく給仕の方のお気遣いによる正真正銘コーヒーが入っております。

事前の打合せで新郎新婦から承った演奏のリクエストが、「入場時の結婚行進曲以外は好きに弾いて下さい」という大変ざっくりしたもので、いつも気さくな染谷凛子夫妻らしいオーダーだなと思いつつ、どう対応すればよいのか皆目見当つかず、酒を飲んで破天荒な演奏をするわけにもいかず、披露宴の開始直前まで頭を抱えてましたが、同じ宴席にいた方々が終始ニコニコ笑顔でご歓談、ご飲食、ご飲酒、ご飲酒、ご飲酒、ご飲酒されておりまして、こちらは緊張どころか、この面子でこのまま飲 み会に突入したいという思いを律するのに大変な労を強いられたほどです。そんなわけで大変リラックスして宴席とピアノの間を右往左往できました。

そして素敵な新郎新婦のおふたりですが、私的に感慨ひとしおでございます。

花嫁の凛子さんには過去に何度か飲みのお誘いをしておりましたが、ニューヨークでも東京でもタイミングが合わず、ようやく訪れた接見の機会が、私の地元仙 台で開催されたロックフェスティバルからの今回の披露宴だったわけですが、新郎新婦の控え室にて、凛子さんから披露宴の進行表を手渡されたときに「アァ、いままでの空振りは、今日という日の為の、長い長い伏線だったのかもしれない、」と腑に落ちた次第です。

花婿の染谷くんに関しては、「あの!限りなく中学生に近かった前途洋々な若手俳優が、け!け!けっこんん!?」という感慨以上に、「染谷が結婚かぁ、、俺 も歳だな、独身どころか彼女もいない、犬すら飼ってない、もうダメだ、終った、、」という無念の思いに駆られ、加齢という抗うことのできない重しが、ずっしりと両肩にのったような感覚に、しかしそんな私ですら、素敵な新郎新婦を拝観してる内に「いや待てよ、来年あたりは自分も結婚しているかもしれない。そうだ!自分の披露宴の際には、染谷凛子夫妻に、めおと漫才でもやってもらおうー!よっしゃー!」という心持ちになった次第です。

結局、披露宴の最後までスピーチをする番がまわって来なかったのですが、ひょっとすると新郎新婦の「たくまに酒を与えると危険だし、スピーチなんてもってのほかだ、なにを言い出すか分からない。ずっとピアノのところに座らせておこう」という的確な判断あってのことかもしれませんし、この場を借りて思いの丈 を綴れたのでよかったです。

めでたし、めでたし。